<?php the_title(); ?>

嫌い

嫌い何が嫌って、彼が常に冷静で居ることがとても嫌でした(笑)

その頃、彼と私はまだ友人関係にあったのですが
どんなに周りが盛り上がっていても、彼は淡々としていました。
私の考えとしては、周りが盛り上がっていればそれにあわせていくのが普通だと思っていましたし
そこで淡々とするのはある種の「マナー違反」のようにも感じられていたのです。

ですので、彼に対してはあまり良い印象はありませんでした。

そんな彼ですが、話をしてみるとその冷静さが心地よいなと少しずつ思うようになったのです。
嫌いが「ライク」に変った瞬間でした。
友達として仲良く出来そうかなと思うようになってからは、それぞれが連絡を入れあうようになりました。
そして気がついた頃には
「何となく連絡を入れる」というよりも
「必死に連絡を取ろうとしている」という自分に気がついたのです。
どうやら今度は「ライク」が「ラブ」に変わったようでした。

ハッキリとした恋愛感情を抱くようになってから私は、その気持ちを伝えるべく
ストレートな言葉で彼にぶつかっていきました。
そして彼は、時々冷静さをふと緩める瞬間も出てきて・・・2人はそれぞれの本音の部分で話せるようになり
お付き合いをする事になったのです。

最新の記事一覧

ページ上部に